お知らせ

2021.02.14

専修大学人文科学研究所公開講演会「1521—「メキシコ征服」再考」のお知らせ(2月26日(金))

各位

砂山充子会員より、2月26日(金)に開催される公開講演会についての情報をいただきましたので、配信いたします。

詳細は以下をご覧ください。

スペイン史学会


***** 

下記の通り、専修大学人文科学研究所主催の公開講演会(オンライン開催、事前申し込み制)を開催いたします。
本年(2021年)は、1521年のメキシコ征服から500周年を迎える年となります。この機会に、メキシコ征服の意義を多角的に考え直す講演とパネルディスカッションにできればと考えています。
皆様のご参加をお待ちしております。


専修大学人文科学研究所公開講演会:1521—「メキシコ征服」再考

日時:2021年2月26日(金) 午後2時〜5時
場所:Zoomにて開催

【第1部 午後 2:00〜2:45】
講演:井上 幸孝(専修大学国際コミュニケーション学部):「メキシコ征服」の歴史的意義

【第2部 午後 2:50〜5:00】
パネルディスカッション 〜メキシコ研究と「征服」
報告㈰ 大越翼(京都外国語大学外国語学部、同ラテンアメリカ研究所所長):マヤ学者から見た「アステカ王国の征服」:マヤ人たちの16世紀

報告㈪ 青木利夫(広島大学大学院人間社会科学研究科):先住民教育にみる「征服の不条理」

報告㈫ 渡辺裕木(国立民族学博物館外来研究員): 征服前後の文化遺産がメキシコ国民のアイデンティティ形成に与える影響

報告㈬ 嘉幡茂(京都外国語大学国際言語平和研究所):メキシコ考古学とナショナリズム:コイントスから考える歴史解釈

報告㈭ 小林貴徳(専修大学国際コミュニケーション学部):現代メキシコを生きる先住民族 アステカ王国辺境地帯のいま

全体討論

※https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSft5vxySu2yQHAVALJzNI1IPfXcZGZjRsEg92qzSLJ2a6eOQg/viewform より事前の申し込みをお願いいたします。
※詳細、問い合わせ先は、http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thm0762/1521Conquista.pdf をご覧ください。

事務局連絡先

学会の活動に関心のある方、さらに詳しい情報を得たい方は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。
入会申込書はこちらからダウンロードしてご利用ください。word

〒223-8521
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
慶応義塾大学来往舎702号室 八嶋研究室気付
スペイン史学会

E-mail: E-mail