スペイン史学会は わが国においてスペイン史研究の発展に寄与するために、1979 年 11月に設立された研究団体です。
スペインの歴史(経済・政治・地理・文化人類学、さらにポルトガル研究も含む)に関心のある方は、当サイトを是非をご覧ください。

  • すべて
  • 会誌
  • 今後の活動
  • その他
過去のお知らせを見る

会誌

2022.08.09

スペイン史学会夏期研究会開催のお知らせ(9月17日土曜日)

会員各位  すでに会報などで告知した通り、毎年開催してきた夏期研修合宿につきまして、今年度はハイブリッドで開催することに決定しました。 対面式の会場は同志社大学今出川キャンパス(明徳館1番教室)となります。 皆様のふるってのご参加をお待ちしております。 なお、Zoomや資料配布用ドライブの情報は一週間前を目処にお知らせいたします。 会員以外の参加も受け付けておりますので、興味関心のある方にも...

会誌

2022.08.09

キリシタン関連の国際シンポジウムの開催情報(2022年9月1日〜3日)

会員各位 阿部俊大会員から、2022年9月1日から3日にかけてドイツで開催されるキリシタン関連の国際シンポジウムの開催情報をいただきましたので、配信いたします。 本シンポジウムはハイブリッド形式で開催されますので、日本からも参加可能です。シンポジウムでは、近年ヨーロッパで所在が確認されたキリシタン史料(Herzog August Libraryの「コンペンディウム」、Bibliotheque N...

会誌

2022.07.30

九州スペイン研究会2022年度夏季研究大会のお知らせ(8月20-21日)

会員各位 椎名浩会員より、8月20〜21日(土・日)に開催される九州スペイン研究会についての情報をいただきましたので、配信いたします。詳細は以下をご覧ください。 スペイン史学会 ************** 各位 2022年度夏季研究大会を長崎県大村市にて開催いたします。 2019年の大分での開催以来、3年ぶりのオフライン開催となります。 多くの方のご参加をお待ちしております。 日 時...

会誌

2022.03.06

『スペイン史研究』第35号の掲載内容に関する訂正とお詫び

各位 先日発刊されました『スペイン史研究』第35号所収の安達論考「ビリアトの表象:ルシタニア戦争(前155年-139年)の英雄はどう描かれてきたのか」において、文章の欠落が生じておりました。 詳しくはPDFファイルをご覧ください(本記事タイトル横のPDFマークよりダウンロード可)。 会としてお詫び申し上げますとともに、以後このようなことが生じないようにしてまいります。 スペイン史学会

会誌

2022.03.05

会誌第36号(2022年12月刊行予定)の投稿希望追加募集について

会員各位 2月末日に締め切りました会誌第36号(2022年12月刊行予定)の原稿募集ですが、寄せられた投稿希望が少ないため、投稿希望を引き続き募集することにいたしました。新たな申し込み期日を3月末といたしますので、投稿ご希望の方はスペイン史学会事務局(Email:info*sjhe.org、*を@に代えてお送りください)まで、タイトル(仮題でも可)と投稿区分を添えてお申し込みください。 原稿の締...

会誌

2022.02.27

会誌が発行されました。

第 35 号 (2021 年 12 月) 【研究ノート】安達かおり ビリアトの表象:ルシタニア戦争(前155-139年)の英雄はどう描かれてきたのか【書評論文】武藤祥 フランコ独裁における国家の運営・民族の形成––近年の比較研究の紹介––

事務局連絡先

学会の活動に関心のある方、さらに詳しい情報を得たい方は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。
入会申込書はこちらからダウンロードしてご利用ください。word

〒223-8521
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
慶應義塾大学来往舎428号室 加藤研究室気付
スペイン史学会

E-mail: E-mail