お知らせ

2020.08.11

イベリア・ラテンアメリカ文化研究会(SECILA)のご案内(9月5日(土)Zoom)

会員各位

禪野美帆会員より、9月5日(土)にZoomで開催されるイベリア・ラテンアメリカ文化研究会(SECILA)についての情報をいただきましたので、配信いたします。

詳細は以下をご覧ください。

スペイン史学会


**********************
イベリア・ラテンアメリカ文化研究会(SECILA)第76回例会を以下の要領でオンライン開催いたします。

参加ご希望の方は、8月30日までに以下のメールアドレスにその旨ご連絡ください。その際、ご氏名とご所属をお伝えください。ご連絡いただいた方に、追ってZOOMの招待URLを送信いたします。

lasamericaszenno#gmail.com #を@に変更
禪野美帆

日時:2020年9月5日(土)午後2時〜午後4時30分

発表者:嘉幡 茂 氏(京都外国語大学嘱託研究員)

発表題目:古代メキシコにおける宇宙の都の建設

発表要旨:あなたの心を三転させたい(猜疑から興味へ、興味から感嘆へと)。なぜ古代人はピラミッドを造ったのか?それは、「世界の平和を守るため」だった。「そんなアホな!?」と即座にツッコミが入りそうだ。まず、発表者への猜疑を取り除く。次に、ピラミッドだけでは「世界の平和は守れない」と主張を翻し、ある要素の存在が必要不可欠であったと論を進める。ここでツッコミつつも興味を持って頂けるだろう。最後に、古代都市はピラミッドとある要素を基に「宇宙」を再現していたと論証する。あなたの心はどこに落ち着くだろうか?

コメンテーター:小泉 龍人 氏(メソポタミア考古学教育研究所)

事務局連絡先

学会の活動に関心のある方、さらに詳しい情報を得たい方は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。
入会申込書はこちらからダウンロードしてご利用ください。word

〒223-8521
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
慶応義塾大学来往舎702号室 八嶋研究室気付
スペイン史学会

E-mail: E-mail