スペイン史学会は わが国においてスペイン史研究の発展に寄与するために、1979 年 11月に設立された研究団体です。
スペインの歴史(経済・政治・地理・文化人類学、さらにポルトガル研究も含む)に関心のある方は、当サイトを是非をご覧ください。

  • すべて
  • 会誌
  • 今後の活動
  • その他
過去のお知らせを見る

会誌

2022.02.27

会誌が発行されました。

第 35 号 (2021 年 12 月) 【研究ノート】安達かおり ビリアトの表象:ルシタニア戦争(前155-139年)の英雄はどう描かれてきたのか【書評論文】武藤祥 フランコ独裁における国家の運営・民族の形成––近年の比較研究の紹介––

会誌

2021.04.01

会誌が発行されました。

第 34 号 (2020 年 12 月) 【論文】土肥野秀尚 前近代マドリードにおける出稼ぎ労働者の生存戦略とネットワーク––アストゥリアス地方・ガリシア地方出身者(1701-1820)を一例として--八嶋由香利 植民都市ハバナと強制移動・労働––キューバに送られた第一次カルリスタ戦争捕虜(1834-1837)【研究ノート】阿部俊大 中世イベリア半島...

会誌

2020.02.01

会誌が発行されました。

第 33 号 (2019 年 12 月) 【論文】田辺加恵 13世紀の史料にみるヤコブ崇敬池北眞帆 VOXの反イスラム言説の論理と国民党への影響

会誌

2019.01.28

会誌が発行されました。

第 32 号 (2018 年 12 月) 【論文】澤村るり子 フィリピンの華人頭領フアン・バウティスタ・デ・ベラと1603年華人暴動【研究ノート】山本航平 19世紀末キューバにおけるクリオーリョ・エリートの野球観――科学・身体・階級

会誌

2018.04.30

会誌が発行されました。

第 31 号 (2018 年 2 月) 【論文】八嶋由香利 19世紀スペイン統治下のキューバとカタルーニャの移民ネットワーク--「インディアーノ」ホセ・シフレー・イ・カサスの場合--【研究ノート】岩瀬裕子 人間の塔の「歴史」の再解釈--「衰退期」に注目して--【書評論文】野口舞子 黒田祐我著『レコンキスタの実像--中世後期カスティーリャ・グラナダ間における戦争と平和』(刀水書房, 2016年)

会誌

2016.12.01

会誌が発行されました。

第 30 号 (2016 年 12 月) 【論文】押尾高志 モリスコの『礼拝手引書』:アラビア文字とラテン文字の狭間で田辺加恵 「マタモロス聖ヤコブ」像の形成とその戦略的利用 【書評論文】武藤祥 永田智成著『フランコ体制からの民主化――スアレスの政治手法』(木鐸社、2016年)

事務局連絡先

学会の活動に関心のある方、さらに詳しい情報を得たい方は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。
入会申込書はこちらからダウンロードしてご利用ください。word

〒223-8521
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
慶應義塾大学来往舎428号室 加藤研究室気付
スペイン史学会

E-mail: E-mail