お知らせ

2019.06.16

スペイン史学会夏期研究会のお知らせ(7月27日)

会員各位

すでに会報などで告知した通り、毎年開催してきた夏期研修合宿につきまして、今年度は宿泊を伴わない研究会として関西で実施することに決定しました。会員の方のみならず、皆様のふるってのご参加をお待ちしております。研究会終了後には懇親会も開催いたします。

1.日時 2019年7月27日(土) 13:00-18:00

2.会場 
同志社大学今出川キャンパス・至誠館3階会議室
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html#campusmap

3.報告者およびタイトル
①13:15-14:15 角倉拓真氏(大阪大学大学院)「帝都マドリードの慈善事業―異邦人対象施療院を中心に―」
②14:30-15:30 中嶋耕大氏(関西外国語大学)「中世後期のカタルーニャにおける君主権力論の変遷」(仮)
③15:45-16:45 髙橋稜央氏(北海道大学大学院)「後ウマイヤ朝期アンダルス社会におけるキリスト教徒ーイスラーム法学史料の分析を通してー」
④17:00-18:00 土谷輪氏(京都大学大学院)「呪術的信仰とその実践ースペイン内陸部における邪視治療に関する調査報告」

4.参加費 200円 (資料代として)

5.懇親会
研究会終了後にキャンパス内のレストラン「アマーク・ド・パラディ」にて懇親会を開催いたします。こちらも積極的にご出席ください。
会費:一般5000円 学生3000円
※なお、懇親会の参加申し込みは7月19日(金)までに、武藤(shomuto*kwansei.ac.jp、*を@に代えてお送りください)までご連絡ください。

遠方よりお越しの皆さまは、近年京都周辺における宿泊施設の予約が困難なため、早めのご予約をお勧めします。またお問い合わせなどございましたら、同じくe-mailにて下記までご連絡ください。
武藤 祥(夏期研究会担当)e-mail: shomuto*kwansei.ac.jp、*を@に代えてお送りください

事務局連絡先

学会の活動に関心のある方、さらに詳しい情報を得たい方は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。
入会申込書はこちらからダウンロードしてご利用ください。word

〒223-8521
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
慶応義塾大学来往舎702号室 八嶋研究室気付
スペイン史学会

E-mail: E-mail