これまでの活動

2012年

大会

2012.12.15

第 151 回定例研究会(2012 年 12月 15日)

三潴みづほ 宮廷党派とモリスコ問題

大会

2012.10.21

第 34 回大会(2012 年 10 月 21 日):「20世紀後半独裁体制の崩壊・克服・残像―イベリア半島両国の「移行」を考える―」

永田智成 フランコ派によって推進された民主化
西脇靖洋 ポルトガルにおける民主主義体制への移行と欧州化・脱植民地化プロセス
コメンテーター:武藤祥
司会:深澤安博

大会

2012.09.15

第 150 回定例研究会(2012 年 9月 15日)

伊藤佳奈子 1391年のポグロム後の、キリスト教徒による、ユダヤ教徒とコンベルソ理解~托鉢修道士ビセンテ・フェレルの遍歴説教を中心に

大会

2012.07.29

第 33 回夏合宿(2012 年 7月 28・29日)

大原志麻 ブランカ・デ・ナバーラ(1424-64年)-イベリア半島における女性の権利と排除の一側面-
伏見岳志 17世紀前半のメキシコ在住ポルトガル系新キリスト教徒の商業活動
黒田祐我 「家臣」としてのアンダルス君主-中世封建社会とイスラーム社会との邂逅-

大会

2012.06.09

第 149 回定例研究会(2012 年 6月 9日)

諏訪勝郎 サウダーデの系譜としてのアンテーロ・デ・ケンタル

大会

2012.04.21

第 148 回定例研究会(2012 年 4月 21日)

内村俊太 スペイン帝国における歴史の編纂  1580年前後を中心として
蓼沼理絵子 サラゴサの聖ドミンギト・デ・ヴァル-儀式殺人から聖体信仰への変容

大会

2012.02.25

第 147 回定例研究会(2012 年 2月 25日)

八嶋由香利 インディアーノとキューバの奴隷制 ―ミゲル・ビアダにみるカタルーニャの「エスパニョリスモ」―

事務局連絡先

学会の活動に関心のある方、さらに詳しい情報を得たい方は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。
入会申込書はこちらからダウンロードしてご利用ください。word

〒223-8521
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
慶応義塾大学来往舎702号室 八嶋研究室気付
スペイン史学会

E-mail: E-mail